播州歌舞伎「嵐獅山一座」は、最後の地歌舞伎一座です。
本文へジャンプ ホーム サイトマップ お問い合わせ
何を楽しみたいですか? 自然体験を楽しみたい スポーツ・レクリエーションを楽しみたい 文化・工芸を楽しみたい 歴史探訪を楽しみたい
どこへ行きたいですか? 西脇市へ行きたい 多可町へ行きたい

四季折々の情報なら
イベントガイド
旬の情報はココでチェック!
北はりまへ行くなら
アクセスガイド
北はりまマップ
京阪神より車で1〜2時間。ドライブにぴったり。
北はりまで食べるなら
グルメスポット
黒田庄和牛・地鶏・豆腐・播州ラーメンなど、おいしさいっぱい。
北はりまに泊まるなら
宿泊スポット
コテージ・ホテルでのんびりゆっくり・・・。
北はりまのお土産を買うなら
お買物スポット
特産品が盛りだくさん!
多可町のスポット
播州歌舞伎 嵐獅山一座 (ばんしゅうかぶき あらししざんいちざ) 文化・工芸が楽しめる



最後の地歌舞伎一座

昭和12年に北条高室の座が解散した後も、多可町中区安坂の「松の家」に生活の拠点を持つ嵐獅山一座は命脈を保った。 戦時中は灯火管制下での制限された活動であったが、戦争が終わるとすぐ「関西歌舞伎」と大きな名前をつけて興行を再開した。

昭和23年(1948)には、高室の名役者・嵐源之助氏が加わり、さらに各地の旅役者たちを受け入れて、映画に娯楽の主役を奪われるまで大いに人気を博したのである。 獅山さんの話によれば、昭和30年代の終わり頃、篠山の片岡我市さんらと加古川公演の後でお茶を飲んだとき「播州の役者が全部ここへ集まっている。 これから"播州歌舞伎"」と呼ぶことにしたらどうか」という話が出た。 語呂もよく、かつての座頭格が集まっている地方歌舞伎にふさわしい名称だというので、全員一致で決まったということである。

当時、中央の大歌舞伎に対比して、播州地方を中心に行われていた地方歌舞伎を「播州歌舞伎」と呼んでいた人もいた。 けれども、この名が全国的に知られるようになったのは、昭和48年に一座が東京の国立劇場へ出演したときからである。 ポスターやチラシに「播州歌舞伎・嵐獅山一座」と記され、播州歌舞伎はいわば嵐獅山一座のブランド名になった。 そして高室歌舞伎をはじめ、この地方の歌舞伎はすべて「播州歌舞伎」と呼ばれるようになったのである。


問い合わせ先 0795-32-1250
(中央公民館)
場所 兵庫県多可郡多可町中区茂利20
地図を見る エリアE(B-4)
休館日 年末年始
公演風景の写真
公演風景



多可町のスポット一覧

このページのトップへジャンプ
このサイトについての説明を見る
サイト内で検索する
北はりまハイランド推進協議会とは